ビューローベリタスジャパン株式会社 電気・電子製品向け試験・認証サービス

  • TEL:045-949-6020/平日9:00~17:30(土日祝休)
  • お問い合わせ

ニュース・イベント

SPRINGシンガポールのニュースと安全マークの変更に関するよくある質問について

2018/5/17

【台湾、2018年4月18日】International Enterprise(IE)シンガポールとSPRING シンガポールは2018年4月1日付で合併し、新たにエンタープライズ・シンガポールを発足しました。これに伴い、安全マーク要件が更新されました。

“安全マーク”変更の概要は下記の通りです。

新安全マーク適用日 2018年4月1日
変更内容 旧マーク 新マーク 変更点
  1. ラベルの色が「パントン 287Cブルー」から「パントン 032C赤」に変更
  2. フォントの変更
  3. 「MARK」の位置が左揃えから中央揃えに変更
2019年4月2日以前の新規/更新の認可申請 サプライヤーは、新しいバッチより、管理対象製品について新バージョンの安全マークを迅速に貼付することを強く推奨されています。一方で、エンタープライズ・シンガポールは、サプライヤーが新しいマークの貼り付けが物流上困難である可能性もあることを考慮し、2019年4月2日以前に新製品登録または認可証更新を済ませた管理対象製品に新しい安全マークを付けることを強制としてはいません。
2019年4月2日以降の新規/更新の認可申請 管理対象製品には、新しいバージョンの安全マークを貼り付けなければなりません。登録されたサプライヤーは、新規/更新認可証申請中に適合性評価機関(CAB)へサポート文書(定格ラベル、安全マークを貼り付けた状態の製品写真等)を提出し、管理対象製品に更新された安全マークが添付されていることを示す必要があります。これらのサポート書類を提出しなければ、製品の登録/更新は行われません。
既存の規制対象製品 2019年4月2日以降、既存の登録管理対象製品は、新しいバージョンの安全マークを貼付することが望ましいとされています。ただし、サプライヤーが2019年4月2日以降も旧バージョンの安全マーク付きの在庫を余剰に保有している場合は、引き続き旧バージョンで管理対象製品を供給することができますが、下記の要件を満たす必要があります。
  • a) できるだけ早く、旧安全マークを付けた部品の製造を終了させる
  • b) 2019年4月2日以降に認可証更新を申請する場合、新しい安全マークを付けた登録管理対象製品が引き続き製造されていることを証明する書類を提出する

TOP