ビューローベリタスジャパン株式会社 電気・電子製品向け試験・認証サービス

  • TEL:045-949-6020/平日9:00~17:30(土日祝休)
  • お問い合わせ

ニュース・イベント

  • HOME
  • ニュース・イベント
  • ビューローベリタスUSAが5Gデバイス認証試験を開始―サブ6GHz(FR1)とミリ波(FR2)の試験向けにKeysight社の5Gコンフォーマンステストソリューションを導入

ビューローベリタスUSAが5Gデバイス認証試験を開始―サブ6GHz(FR1)とミリ波(FR2)の試験向けにKeysight社の5Gコンフォーマンステストソリューションを導入

2020/9/7

【Aug. 25 2020】試験・認証業界のリーディングカンパニーであるビューローベリタスは、カリフォルニア州サニーベールにあるシリコンバレーラボがGCF/PTCRB認証、ベライゾン・ワイヤレスやAT&Tなどの主要な米国キャリアの要件に対応した、5G試験設備を導入しました。これにより、5G認証試験が、これまでの中国・台湾・韓国に加え、米国でも可能となりました。

今回の導入により、GCF/PTCRB認証においてRF/RRM/Protocol/Performance試験に幅広く対応し、5Gテクノロジーを展開するインテグレーター・モジュールメーカー・デバイスメーカーのお客様に対し、従来の各国電波法認証試験に加えて、GCF/PTCRB試験の分野でも市場参入のサポートをいたします。

ビューローベリタスのElectrical & Electronics, Automotive and Wireless部門 アメリカ・ヨーロッパ・中東・アフリカ統括副社長、Sebastian Dooseは、次のように述べています。「ビューローベリタスはKeysight社との連携を強化することで無線機器市場でのサービスを拡充できます。同社のエンドツーエンドのテストソリューションを導入することで、既存のお客様に対する5Gのソリューションの提供のみならず、ニューモビリティ・医療機器・ゲーム・製造業・農業など多種多様な業界で5Gを導入しようとしている新しいお客様のサポートが可能となりました。今回導入した同社のTP168はGCF・PTCRB双方で検証済みのプラットフォームであり、FR1・FR2いずれの5G技術にも対応します。」

Keysight社のモバイルネットワークオペレーター インダストリーソリューション部門副社長、Scott Brydenは、「5Gへの投資が加速するなか、当社の5Gコンフォーマンス・機器認証ソリューションは5Gデバイスの市場投入で大きな役割を担っていると自負しております。」と述べています。

ビューローベリタスのTesting & Engineering Services担当シニアディレクター、Clive Baxは、「当社が5Gのビジネスを展開するには、短納期ですぐに使えるソリューションを提供できるKeysightのような業界大手とパートナーシップを構築することが不可欠です。」と述べています。

FR1(4.1 GHz ~7.125 GHz)は従来の携帯電話の通信で使用されている周波数帯で、FR2(24.25 GHz~52.6 GHz)は通信距離が短いながらも高速なデータ転送が可能な周波数帯です。

原文(英語)はこちら

TOP